捻挫の後遺症

足関節の捻挫は多くの方が経験している怪我。
子供の頃や学生時代、部活に明け暮れていた頃、家の階段でうっかり足を滑らせたり、人とぶつかって転んでしまった、など、きっかけは様々ですが、痛い思い出をお持ちの方は多いと思います。

その捻挫、その後どうなっていますか?
ずっと昔のことだし・・・、痛くもないから問題ないし。
治ってスポーツもできるから別に気にも留めてない。 など、
あまり気にかける方は多くないのかもしれません。

でも、ちょっとお待ちを!
実は、足関節捻挫の後遺症って、侮れないんです。
痛みはなくても「機能障害」が残っていて、足指や足の機能がうまく働いていないケースがよく見られます。重度の捻挫や繰り返してしまうことで、靭帯が伸びたり切れたりしてしまい、本来の安定性を保つことが難しくなってしまうのです。


 今回はそんな症例のお話をさせていただきます。
40代女性 テニススクールでハツラツと汗を流す活発な方です。
ある時、股関節の痛みを訴えてご来院になりました。
 初めはテニスの時に踏み込んで体重を乗せることで痛みに気づき、動作をセーブしながらレッスンをしていましたが、レッスンの度に痛みが出て上手に体重移動ができないため、治療にこられました。

 あちこちの筋肉の緊張で股関節の動きが悪かったのもさることながら、足首を見ると、脱力した状態で ↑ 図の捻挫した時のような内反肢位。
いつも足首はプランプランしていて、パンプスなどはバランスを取りにくく足が疲れやすい、とのこと。その昔は部活少女で捻挫も何度もしているとか。
 まず荷重時に足関節の安定性が得られていないために、股関節や上半身への負担が強くかかっていることが予測されました。

靭帯が伸びてしまったものは、縮めることは難しいので、まず関節のアライメントを正して、自分の筋力でしっかりと安定して荷重ができるように、足指のグーチョキパーや、アーチをサポートするリハビリなど、足関節安定のためのトレーニングをします。

その上で、股関節が大きく動くためのストレッチや筋力アップのためのエクササイズなどにも取り組んでいただくこと2ヶ月ほど。
テニスの時の痛みがなくなり、思い切り打てるようになり、ますますレッスンが楽しいそうです。

慢性的な痛みや原因不明の怪我などは、ご本人も忘れている昔の足関節捻挫の影響があるかもしれません。
 足元の安定性を見直して、このスポーツの秋にパフォーマンスアップを図りませんか。

TKC BODY DESIGN
東京都目黒区平町2−16−21−B1
03-5726-8437
info@tkc-bodydesign.com

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 686gaxin.png
友だち追加

LINEでもお問い合わせを承ります。
1)上記QRコードを読み取り、またはタブをクリックし、
2)TKC BODYDESIGN を友達追加していただくと
3)ご案内メッセージが届きます。
4)お名前(フルネーム)とお問い合わせ内容をメッセージにて送信ください。
  追ってスタッフよりご返信させていただきます。