肩の痛み

肩の痛みが続くバレーボール選手のお悩みです。小柄ながら鋭いスパイクを撃ち抜くパワーヒッターの女子選手。高校生の時から躍動感あふれる運動量と力強いスパイクが代名詞です。
社会人になってからはバレーの練習も毎日という訳にはいかなくなり、運動量と疲れやすさなどの身体の変化も感じていた矢先に、右肩の痛みが発症。
クラブチームでの練習時には痛くなり、その後練習がなければ痛みは落ち着いてくる、バレーをするとまた痛みが、、。という状況になってしまい、高校生の時はこんなことなかったのに…と悩んでいたようです。

 まず状態の評価をすると、、、姿勢は猫背、肩の可動域も狭く、胸椎や胸郭の動きも小さくなってしまっている状態でした。ついでに腹筋もカチカチ😓。

患部の痛みを改善するには、まず関連する周りの関節の可動性を改善する必要がありそうです。腹部・背部・上肢。順番に固まった筋肉を緩めていきます。
お腹も、鎖骨も腕も、「そんなところも痛いの!?」と本人が驚くようなポイントにも痛みがありました。
筋緊張があちこちに強く出ていたために関節の可動性が十分に得られていないことがわかりました。
 胸椎や胸郭の動き、肩甲骨・肘の可動性を取り戻すと、肩関節自体の可動性も改善し、腕を挙げた時の痛みが消えました。

 肩のコンディションを良くするには傷んでいる部位、うまく機能しない部位を見極めて、その原因となる組織の修復や機能・動作の改善をする必要があります。
ぶつかったり引っ張られたりなど外傷性の原因がなければ、過去の既往歴や慢性的な機能不全をまず見つけて改善をします。

この選手の肩には、アウターマッスルの筋力はとても大きいのに対して、インナーマッスルの働きが弱い、という特徴が見られました。
自分の腕のパワーに、プレーするたびに肩関節が振り回されていた感じです。

可動性を改善した後に、インナーマッスルのリハビリトレーニングを開始しました。少し慣らしただけで、動きやすさ・力の入りやすさが変わる!と実感。
これからの痛み予防のために、継続してトレーニングを重ねます。

治療では、痛みを取る、可動性の改善、だけでなく、本来の動き(機能)を取り戻せるようなエクササイズまでフォローします。

ずっと調子が悪い、今までと違う、そんな痛みを抱えている方はぜひご相談ください。

TKC BODY DESIGN
東京都目黒区平町2−16−21−B1
03-5726-8437
info@tkc-bodydesign.com

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 686gaxin.png
友だち追加

LINEでもお問い合わせを承ります。
1)上記QRコードを読み取り、またはタブをクリックし、
2)TKC BODYDESIGN を友達追加していただくと
3)ご案内メッセージが届きます。
4)お名前(フルネーム)とお問い合わせ内容をメッセージにて送信ください。
  追ってスタッフよりご返信させていただきます。