痛いから動かない(動かないことのリスク)

動かない

痛みがあるとどうしても動きづらくなり、何となく動くことにためらいが出てしまうことがあります。昨日お越し頂いた方(膝痛)も同じことを言っていました。

この方は、膝が気になり始めたので近くの整形外科に行きレントゲンを撮られたそうです。しかし、そこでは湿布と痛み止めの薬が処方されてだけだったようです。その後、数ヶ月様子を見るが一向に違和感は消えない。

2度目の整形外科へ

仕方がないので別の整形外科を受診

お知り合いの方がオススメしてくれた病院を受診されたそうです。

そこでは、ここまでの経緯を説明しMRIなど膝の中の詳細を色々調べて頂きました。

すでにレントゲンで変形性の膝関節症であることはわかっていましたが、今回の診察でさらに半月板にも問題があることがわかりました。

膝自体の変形が出てきており(大腿骨、脛骨で構成する膝関節の関節面の骨が尖ってくるなど)変形性膝関節症と半月板損傷。

しかし、半月板の損傷を確認するチェックをしても痛みは確認ができませんでした。前十字靱帯や後十字靱帯、内側側副靱帯、外側側副靱帯などもチェック。一部緩さを感じるところもありましたが、これはむか〜しにスキーで傷めた既往歴もあるので許容範囲と判断。

何が一番の問題かというと。

 

『半月板などの損傷や膝の変形があるからあまり階段や昇り降りはしない方がいい!』と医師から指示されたそうです。。。。

実は、数年前にうちにお越し頂いていた時には、膝周囲の筋力に弱さががあった(内側広筋の萎縮が起きていた)のでそこを強化する方法をお伝えしました。
その甲斐あって、小まめに刺激を入れてくれてお陰でだいぶしっかりしてきていました。が。。。。

 

今回の話で怖くなって歩くこともを控えるようになってしまっていました。

 

痛みは消えた

今回は、股関節(臀部や腰部)の動きが悪くなっていたことと、体を支える筋力発揮がうまくできなくなっていました。治療をして膝以外の股関節や足首なども動きやすく修正していくと膝の痛みはほとんど消えていました。

ここで大事なことは治療がすごい!ではなく、階段の昇り降りを控えなさいと言われそれをそのまま実践した結果・・・股関節の可動域は狭くなり、膝の動きが悪くなるくらい筋の張りが強くなってしまっていたこと。これは痛みをかばうので意外と多い現象の一つ。

そして、階段を昇ってはいけない。降りてはいけないということで消極的な生活を継続していたこと。

最終的には、このままではどうなるんだ?まだ60歳なのにこの先大丈夫なのかと不安になっていってしまったこと。

 

痛みから不安を抱え込んでしまうことがある。

痛みがあるといつ治るのか?

どうしてこんなに痛いのか?

治療しているのに、安静にしているのに、特に何もしていないのに。。。

となり、この期間が長引くと不安になっていく方がすごく多いです。

私から見ると痛みを原因を明確して対応していけば症状は変化するはず!

変化しない場合は、何か見立てが違っているか。

変われない要素があるかである。

 

いろんな症状をお持ちの方にお越し頂いています。

どんな時でも症状の原因を見つけ、進むべき道を明確にしていくように心がけています。

専門知識は、なくても心配ありません。

ご理解いただけるようにわかりやすい言葉(たとえ話)でお伝えすることも我々の大事な役割ですから。

TKC BODY DESIGN
曽我武史
03-5726-8437
目黒区平町2-16-21ーB1
https://www.tkc-bodydesign.com
info@tkc-bodydesign.com