季節の変わり目に気をつけたいこと

暦の上では秋になり、8月も終わりを迎えようとしています。
日照時間も少しずつ短くなり、心なしか寝苦しさや朝からの蒸し暑さは落ち着きを見せているように思われます。
気温が下がり吹き抜ける風が心地よくなるこの時期、気候の変化を肌で感じて、身体も秋の準備が必要です。

気候の変化 身体の変化

 気温が下がってきているにも関わらず、オフィスや電車内ではエアコンがガンガンに効いていることが多くあります。
また、夏の間中も、外出時の汗が室内で冷えて身体がひんやりした方も多いかもしれません。
知らぬ間に実は身体は冷えているのですが、如何せん、外の異常なほどの暑さで気づかない場合も多々ありますね。

ぎっくり腰が多い時期

 気温が少しずつ下がり始めると、いわゆる「ぎっくり腰」で腰を痛めてしまう患者さんがお見えになります。
理由は、疲労・オーバーワーク・無理な姿勢、、などなど色々ありますが、この時期に注意したいのは気候との関係です。

身体が冷えてきて、つまり筋肉の温度が下がっていると、身体は動かしにくくなります。(冬はストレッチにも時間が必要でしょう?)
 外気温に対して、まだまだ一生懸命にエアコンで空気を冷やしている室内では、実は身体が思いの外冷えすぎることになり、いつも通りのふとした仕草で「ぎっくり腰」をやってしまうことがあります。
 自分の身体が冷えていることを自覚していないため、いきなりでも動ける!と思ってびきっと。。。

寝起きの寝違えも要注意

 朝起きたら首が回らなくなっていた、という「寝違え」も経験がある方が多いでしょう。
 寝違えも、頸・肩周囲の筋肉が過度に緊張してしまうことで起こります。
 ぎっくり腰同様、原因は様々ですが、やはり気候や身体の動きのスムーズさと関係がありそうです。

自分で気をつけられること

ぎっくり腰や寝違えを防ぐには、普段からの動作を見直したり、力の入れ方を習得したり、とトレーニング的な要素も必要ですが、今のような時期にはまず、
○身体の冷えに注意
○長く同じ姿勢でいた後は、ストレッチや軽く首や腰を回す
など、次の動作の準備をすると良いでしょう。

もし、寝違えやぎっくり腰を起こしてしまったら、、
まずは無理のない姿勢で安静に。
それから、1日ないし2日のうちにしかるべき治療を始めることが大切です。
 安静期間が長くなりすぎると、痛みが続くおかげで周囲の筋肉も緊張し始めます。下手をすると、初めよりも動けなくなってしまう、ということもありますので、無理は禁物ですが、長すぎる安静は返って動けない状況を作り出してしまうかもしれません。

 何より、まずは防げるものは防ぎましょう。
そろそろエアコンの温度設定や風量、外気との差を見直してみてください。時間によっては外の風も意外に涼しくなってきています。
来たるスポーツの秋を楽しむためにも、夏の疲れが尾を引かないように身体のメンテナンスに気をつけたいものです。

TKC BODY DESIGN
東京都目黒区平町2−16−21−B1
03-5726-8437
info@tkc-bodydesign.com