姿勢を美しく魅せる方法 Vol.4

姿勢のお話、4回目はあご・首についてです。

⭐️その4 頭部を引く 

スマホ肩の人は、肩が巻いている都合、頭部を安定させるために前に滑りだして来てしまっています。
その結果、いわゆるストレートネックという頚椎の前弯がなくなってしまい、肩こりや時にはしびれや頭痛などの辛い症状を抱えてしまうことになります。

壁に背をつけてまっすぐ立った時に、後頭部が壁につかない、という人は頭部が
前に倒れています。
まずは、自分であごを軽く押しましょう。
あごを引く、というとあごだけ下がって頷いている状態になってしまうので、
あごを軽く押して、首(頭部)ごと、後方に引く ようなイメージです。
つまり、肩甲骨がしっかり内転・下制している状態の背骨の真上に頭部を乗せる
ことができると安定感が得られます。

⭐️眠るときは首と布団との隙間を埋める

睡眠時の姿勢を見直すことで、もっと楽に入眠できるかもしれません。
普段お使いの枕と敷布団、ご自分の体との隙間はどんな様子でしょうか。
枕は大概頭部を乗せてお休みになると思いますが。
ここで注目するべきは、首にも枕、です。
特別な枕は必要ありません。首と敷布団の隙間が開かない方が、首にはストレスをかけずに済みます。
つまり、仰向け寝でも横向き寝でも、首の下の隙間をぴったり埋めるようにしてください。
バスタオルなど柔らかいものを丸めて入れておくだけでも十分です。
隙間があると眠っている間も首は緊張して、、つまり肩こりの原因ができてしまいます。
完全にリラックスして、質の高い睡眠時間を得るためにも、翌朝しっかり目線を上げて美しい姿勢を保つためにも、首枕を試してみてください。

4回に分けて、美しい姿勢を作る、魅せるためのポイントをお伝えして参りました。
後日、チェックの際に、壁にぴったりつけることを願っています。
外を颯爽と歩く貴方、車内での立ち姿勢にも変化が見られるはずです。
まっすぐ立つ人々を羨んでいた貴女も、これからは周りに美しい立ち姿勢を魅せてくださいね。

TKC BODYDESIGNでは、痛みや機能不全の問題の他にも姿勢に関するお悩みも解決のお手伝いをさせていただきます。
どうしても改善しきれない!とお困りの方はぜひ一度ご相談くださいませ。

TKC BODY DESIGN
東京都目黒区平町2−16−21−B1
03-5726-8437
info@tkc-bodydesign.com