変形性関節症と付き合うには

「変形性関節症」 
整形外科へ行かない方も耳にしたことがある言葉かと。
関節軟骨がすり減り、アライメント(動き方やバランス)が変わってしまい、間接的に骨を痛めたり、筋肉や靭帯に負担がかかってしまい、関節炎を起こしてしまう状態です。

膝の変形性関節症でお困りの方が特に多く見られますが、足首の関節や股関節、手首の関節などにも起こります。

膝の変形性関節症 
軟骨がすり減り、骨が痛んだり荷重のバランスが変わり、靭帯や筋肉にも負担がかかる

さて、この関節症、放っておけば変形は時間とともに進行してしまいます。
どう対処したら良いのでしょうか。

今の痛みとどうやって付き合う?

 変形性関節症でお困りの方、傾向がある方は、これから自分の身体をどうしていったら良いのでしょうか。
 病院へ行く、痛み止めを飲む、注射で水を抜く、、、どれもハズレではありませんが、果たして効果的な対処でしょうか。
 しばらくは良いけれど、、の繰り返しにお悩みの方も多いと思います。

 ○アライメントを見直す
   まず、ご自分の立ち姿勢や歩き方を振り返ってみましょう。
  変形性関節症は、筋肉量の減少や短縮や身体がうまく動かないことに
  より、どこかに負担のかかる関節の動きを繰り返した結果です。
  こんな姿勢に近づいていたら、診断はされていなくても、痛みの一歩手前
  かもしれません。

変形性膝関節症の方のアライメント 
「ガニ股」になり脚にねじれが起こりやすく、軟骨を痛める原因に。

手術で問題は解決できる?

 整形外科で「変形性関節症」の診断を受ける時、進行の程度によっては手術を勧められる場合があります。
骨切り術や人工関節置換術などいくつか方法がありますが、病態が進行してしまって症状が重い場合の選択肢です。
 手術では、問題となるアライメントの修正や、軟骨や骨部分にかかっていたストレスを軽減することができるため、術後は辛い痛みから解放されて楽になることも多いです。
 ただし、手術を選択するにあたっては、年齢や生活様式、その後の生活行動のことなどを十分に考慮する必要がありますので、手術に対する理解と、担当医師との十分な相談が必要になります。
 
 加えて・・・手術後のリハビリや日常生活に向けての筋トレなども併せて重要になります。なぜならば、手術で関節にかかる負担を減らせても、毎日の生活行動の中で悪い動きのクセが治らなければ、また同じストレスをかけてしまうからです。
ですから、仮に手術をしたとしても、それで全て解決!とは行かないのです。

大切なのは日頃のメンテナンス

 実際に、手術が必要、と医師に言われても、手術をしない選択をしてうまく痛みを抑えたり、変形の進行を最低限に止めることができた方も多くいます。
 手術をしない選択をした方々が取り組んでいることは何でしょうか。

○メンテナンス
 アライメントのチェックやストレッチ、筋肉の張りをほぐす、など。
 痛みの原因となるストレスを軽減し、関節が滑らかに動いているかどうか
 をこまめにチェックすることが大切です。

○コンディション(身体が良い状態)を保つためのエクササイズ
 つまり、リハビリやトレーニングです。
 関節を安定させて、然るべき筋肉が働くためのトレーニング。
 簡単なエクササイズでも定期的に続けることで、身体は鍛えられます。
 関節変形の進行を食い止めるために重要な要素です。

自分のO脚が気になっていたら。。。
階段が登れなくなる前に、対策を始めましょう。

今、痛みでお困りの方も、痛みを軽減し変形の進行を緩やかにするためにできることはまだあります!
ぜひ、お手伝いさせていただきます。
お声かけください。

TKC BODY DESIGN
東京都目黒区平町2−16−21−B1
03-5726-8437
info@tkc-bodydesign.com