スタッフ

『実感できる治療』   +『再発予防の指導』  動ける身体にします。

曽我 武史 院長
【保有資格・認定】
日本体育協会公認 アスレティックトレーナー
鍼灸師、マッサージ師(国家資格)
日本オリンピック委員会 医科学強化スタッフ(陸上競技)
日本陸上競技連盟 医事委員会 A級トレーナー
日本陸上競技連盟 医事委員会 トレーナー部委員(2002~2014)
花田学園 日本鍼灸専門学校 アスレティクトレーナー科 非常勤講師(2005~現在)
PHI Pilates MatⅠ&Ⅱ
スポーツを、趣味を、日々の生活を楽しみ・極める。
動ける身体にします。

中川 菜保 副院長
【保有資格・認定】
日本スポーツ協会公認 アスレティックトレーナー
鍼灸師、マッサージ師(国家資格)
デフバレーボール(聴覚障害)女子日本代表チーム ヘッドトレーナー
元バスケットボール女子日本代表チーム アシスタントトレーナー
元トヨタ自動車アンテロープス ヘッドトレーナー
元八王子スポーツ整形外科メディカルフィットネス トレーナー

TKC BODY DESIGNだからできること

オリンピック帯同経験をもち、これまで多くのトップアスリートを支えてきた

トップアスリート対応のノウハウを活かしてあなたの悩みを解決します。
あなたの身体に合わせたフルオーダーメイドの治療。
症状改善からパフォーマンスアップまで
徹底した痛みの原因追求。根拠のあるアプローチ

症状の完治(原因を徹底的に追及)

痛みや違和感を取り除くだけでは、症状の完治(原因追求)にはなっていないと考えています。 染み付いた動きのクセもしっかり改善していくことが大切です。そのために患者さま自身では気がつかない、無意識に動いている身体のクセを見抜くことが必須となります。これは、身体の事を知り尽くした者だけができる事。全ての患者さまには、要望に合わせた対応(丁寧な治療と個々にあわせた身体の動かし方の指導)を行っています。

曽我
活動実績

オリンピック・世界陸上トレーナー(2004アテネ大会/2008年北京、世界陸上(2001~2007 他 国際大会多数帯同) 陸上日本代表チームヘッドトレーナー
1998年バンコクアジア大会より世界陸上、オリンピックなど数々の世界大会に日本代表チームトレーナーとして帯同。年間を通して、日本を代表するトップアスリートのコンディショニングに携わる。
為末 大(400mハードル プロアスリート) 元専属トレーナー
世界陸上において、トラック種目で日本人初となるメダルを2つを獲得し、3大会連続オリンピックに出場。
2012年を持って現役を引退(2007年から2012年まで パーソナルトレーナーを務める)
富士ゼロックスミネルヴァAFC(社会人アメリカンフットボール) ヘッドトレーナー
年間を通してサポート
小口貴子(スケルトン)
平昌オリンピック日本代表選手。ワールドカッップやコンチネンタルカップ(欧州)など海外を転戦する選手
2013年より年間を通してコンディショニングサポート
片岡治大(プロ野球:巨人)
2013年(西武ライオンズ所属時)より年間を通してコンディショニングサポート。
2017年を持って現役(巨人)を引退(2013年から2017年までサポート)。

【これまでの歩み】

体育の授業(高2:1988年)で傷めた足のケガ(靭帯完全断裂)をきっかけにアスレティックトレーナーの存在を知り魅了された。その当時は、まだトレーナー認知度は今ほどではなく一般の人には知られていなかった。その後は、競技に復帰したのち、体育大学に進学。多くの競技種目を自ら体験しながら鍼灸学校(夜間部)に通い、治療もできるトレーナーとして活動の場を広げて行った。学生時代には、社会人のアメリカンフットボールチーム(レナウンローバーズ当時X1上位チーム)で活動を初め、色んな競技現場で経験を積んだ。さらに陸上競技では長年トップアスリートと深く携わるようになり、身体感覚に鋭いアスリート達と関わるようになり怪我の判断や処置、治療効果など技術を高めていった。2000年には単身渡米し1年間大学内でトレーナー研修(アメフトチーム、アイスホッケーチーム帯同)を行い本場にスポーツ医学を学んだ。帰国後は、ミズノ株式会社(スポーツメーカー)の専属トレーナーとして活動し、日本記録を持つ選手達が所属するミズノトラッククラブ(室伏広治や末績慎吾ら)で選手サポートを専業として行っていた。

日本代表チーム(陸上)トレーナーとして、2度のオリンピック、4度の世界陸上を経験。陸上競技のトップアスリートとは15年以上も関わっていた。現在は、目黒区に開業し陸上競技以外にもプロ野球やバレリーナ、ダンサーなどのアスリートの怪我や痛みの訴えに応えている。彼らの特徴として、治療だけのフォローではなく、全身の状態を把握しながら無駄な動きを出来るだけ無くすように(レベルアップ目的)細かい動き方の指導(からだの使い方)も行っている。

最近は、一般の方からの要望がかなり多くなってきています。他の治療院では、なぜか?効果が得られなかった方々が最終的な受け皿として全国から患者が来ています。従来の治療院のスタイルとは違い、完全個室でのマンツーマンでのパーソナルサポートを基本としている為、安心と信頼が厚く訪れた方の紹介で来院される方が後を絶たない状態が続いています。

また、独立してからは、治療院だけの業務に留まらず高齢者への運動指導やTV出演、雑誌記事掲載、講演、セミナー講師なども務めている。また、書籍の監修などもしており、『運動しても自己流が危ない』『首の「位置」を正せばカラダは必ず楽になる!』テーピング本(販売実績8万部)スポーツマッサージ(翻訳本が海外で発売)がある。

中川
活動実績

2001年 筑波大学大学院修士課程修了 スポーツ医学専攻
Wリーグ三井生命女子バスケットボール部
荏原ヴィッキーズ 他 大学ラグビー部・高校アメリカンフットボール部
2005年 東京衛生学園専門学校 東洋医療総合学科卒業
2006年 女子バスケットボール日本代表 ドーハアジア大会
2009年 女子バスケットボールU-16 プネーアジア選手権
2010年 女子バスケットボール チェコ世界選手権
2010年 第一回ユースオリンピック(3on3@シンガポール)
2012年 女子バスケットボール ロンドンオリンピック世界最終予選(トルコ)
2012年 デフバレーボール女子日本代表 ソフィア世界選手権
2013年 デフバレーボール ソフィアデフリンピック
2015年 トヨタ自動車アンテロープス(2015~2017)
2017年 デフバレーボール サムソンデフリンピック
この間に鍼灸治療院での臨床経験を積み、大学バスケット・陸上長距離女子、バレーボールなどチームサポートを中心に活動。八王子スポーツ整形外科メディカルフィットネスでは、アスリートのみならず、スポーツを楽しみ追及する方や、受傷後の復帰を目指す方々へ、「痛み」の治療や「身体づくり」の運動療法を提供。
自身が高校在学時に受講した手話がきっかけで、デフ(聴覚障がい)バレーボールチームのサポートに取り組む。

【これまでの歩み】

私はこれまで約20年アスリートを支えるトレーナーとして活動してきました。主にバスケットボール競技に携わることが多く、日本代表女子チーム、Wリーグのチームトレーナーとして日々のコンディショニングサポートをしてきました。また、整形外科クリニックでは鍼灸治療だけではなく運動療法(トレーニング)にも携わり、「もっと動きやすい身体」になるための『動きづくり』をテーマに、怪我や手術後の痛みや動作の違和感に対して鍼灸マッサージ治療と動き方の指導、さらには怪我の再発予防までを専門的に行ってきました。

『痛みなく元気に動き続ける』このコンセプトに大変共感し、ひとりひとりを丁寧に診たいという想いからこの度、スタッフとして加わることになりました。女性目線での『美』『姿勢』『元気』『笑顔』をテーマに顔や顎などへのケア(鍼治療)も行ってきました。お顔への鍼施術は美容的な側面だけでなく、元気で明るい表情を取り戻すことができます。

さらに『顎関節症』『眼精疲労』『聴力回復』『慢性疲労』『ひどい首肩こり』『睡眠障害』などにも効果があり男性にもご好評頂いています。アスリートでなくともカラダのつくりは同じです。みなさんが想像しているよりも、実は 『身体はもっと動ける。』ようになります。まずは、皆様の身体の様子をお聞かせください。多くの方が抱えている身体の問題。ひとつずつ改善していけるよう、精一杯お手伝いさせて頂きます。