選手にとってジョーカーの存在。

切り札

以前、ある選手(T選手)に曽我さんは僕にとってJokerなんです。

と言われた事があります。

はじめは意味が判らず

???

でした。

自分なりに一瞬思ったのは、トランプゲームのばば!?あれっ
それでは、意味がないなぁ~と思いました。

こういった憶測がその後に勘違いとなることがあるので、私はその選手に聞きました。

すると

”Joker”と言ったのは。。。

”最後の切り札!”

 

という意味だったんです。

え”ぇ”~と思いながらも、ちょっとうれしかったのを思いだしました。
たぶん顔はニヤッとしていたかもしれません。
ちょっと面白かったお話だったのでWikipedia で ”ジョーカー” を調べてみました。

ジョーカー

ジョーカー (トランプ) – トランプのデッキに1~2枚加えられるカード。ババ抜きや大富豪などに使われている。転じて、「切り札」という意味でも使われる。

** ブラックジャックにおいては、カウンティングなどを駆使して、ディーラーに有利になるようにプレイを行う、客に紛れたハウス側の人間を指す。 ** ジョーカー (キャラクターの類型) – 上記から更に転じて、漫画作品やアニメ作品などで最強のキャラクターを指す。 * 道化師、または洒落や冗談を言って周りを楽しませる人。

スポーツの世界では、最後の決断をするのは選手本人です。
フィールドで戦うのも選手です。

我々トレーナーは、試合会場まで行くまでは、関わることができますが、一緒に走る事や動きをアシストすることはできません。
もちろん、細かいからだの感覚に対して本番直前に調整して欲しいという要求はあります。
それは、ほんの僅かな違和感がどうしても気になる人たちです。

とかくオリンピックとなると選手は人生をかけて戦いにいきます。
ひとによっては、夢の舞台で戦える喜びを味わっている者もいるでしょう

応援するものは、全ての選手が最高のパフォーマンスを発揮して欲しいと願っています。
あの大観衆が見つめる最高峰の大舞台(オリンピック)で
あの緊張と興奮は、行かなくては味わえません

そんな選手から
こういった話しを聞けたのは最高にうれしかったです。

選手は、自分がやってきたものを糧に試合に臨みます。
そして結果がでます。

当然といえば当然です。
しかし、我々トレーナーはその身体をどこまで引き出せるかが課題となります。
マッサージなどのコンディショニングでは、ほぐしすぎても駄目です。ほぐさな過ぎても駄目です。
ここ一番のときにほぐされ過ぎてしまった身体は、思った通りには動いてくれません。

選手それぞれに仕上げ具合が違うのを良く理解して、選手のその時の状態を良く把握した上で最終調整をしなくてはいけません。

気持ちが良いからだけでダラダラマッサージをするわけにはいきません。
必要に応じて、ストレッチや力を発揮させて筋肉に張りを出させたり反応を促進させたりしていきます。

現場では、ありとあらゆる事が要求されます。
全員ではありませんが、陸上選手の場合、多くの選手が細かいところまで神経を張らせて研ぎ澄まされた状態で試合に臨みます。

トレーナーとしてアスリートと関わる醍醐味かもしれませんね。
あの緊迫した一瞬一瞬は

特に陸上競技のトップ選手は感覚も鋭いのでこちらも気が抜けません。

そして、この感覚は、普段診ている患者さんにも活かされています。
日々の変化を感じながら良い状態へ導いていきます。

元気な気持ちになれる身体を持てるように
一人ひとりの患者さんのお役に立てるように、お手伝いさせてもらっています。

みんなが元気になれば自然と私も元気になります。

TKC BODY DESIGN(TKC鍼灸マッサージ治療院)

03−5726−8437
http://www.tkc-bodydesign.com

PAGE TOP